【クレジットカード】申請と審査について

今や誰もが1枚はクレジットカードを持っている時代になってきました。
1人で何枚ものクレジットカードを持って、状況に応じて使い分けている方も珍しくないです。

また、社会人だけでなく、主婦や学生、お年寄りでも当たり前のように利用していて、私たちの日常生活にはおいて欠かせないアイテムの一つになってきています。

そして、大きな買い物で利用するだけでなく、日用品や日々の飲食代、携帯やインターネットの通信費、公共料金など、様々な場面で使用できるようになってきました。

クレジットカードの利点

クレジットカードの利点はいくつもありますが、特に以下のような点で多くの方が魅力に感じられています。

・現金を持ち歩かなくても買い物をできる
・煩わしい小銭の扱いが不要
・ポイントが貯まる
 ※ポイントは電子マネーやマイルなどと交換したり、ポイントを使って買い物を出来る

もちろん、クレジットカードのメリットは他にもたくさんあります。
もし、「まだクレジットカードを作ったことがない」という方は、せっかくなのでこの機会に利用してみて下さい!

クレジットカードの申請・審査

ただ、クレジットカードは申し込みを行えば直ぐに作れるものではありません。

まず、申し込みには本人証明の為の書類(運転免許証やパスポートなど)が必ず必要になります。
もし、現住所と本人確認書類に記載されいる住所が異なる場合には、住民票が必要になる場合もあります。

さらに、クレジットカード会社は、申請された書類などを利用して審査を行い、その審査に通らなければクレジットカードを作ることはできません。

例えば、以下のような方は、審査に通りにくくなります。

・借金返済でトラブルになったことがある
・奨学金の返済や携帯電話料金の支払いが何度も滞っている
・毎月の安定した収入がない

クレジットカード会社も、利用者が使った分の回収を行えなければ損害になってしまいます。
返済が困難な状況になりうる人物にまで簡単に発行してくれないのは当然です。

もちろん返済トラブルなど起こすべきではないですが、
他にも奨学金や携帯電話料金の支払い遅延が何度も続くと、クレジットカードの審査に通りにくくなります。
理由としては、支払いが何度も滞ると信用機関と呼ばれるところにその情報が登録されるためです。

おそらく、スマートフォンなどの契約時に、「支払いが滞った場合、クレジットカードを作りにくくなります」といった旨の説明がなされていると思います。
実際、私も携帯ショップでその説明を受けました。

料金の支払いって結構忘れがちですが、毎月きちんと支払うようにしておきましょう!