【ローン】審査に通る割合はどのくらい?

ローン審査に通る割合について

ローンを利用する場合には、必ず金融会社による審査が行われます。
問題なく返済能力を示すことができれば審査に通ります。

ただ、誰にでもお金を貸していると、返済が滞った場合に経営が破綻してしまいます。
その為、返済能力がないと判断されれば、当然審査に落ちてしまいます。

そこで、今回はローン審査に通る割合について述べていきます。

審査に通る割合は?

ローンに通る割合はローンの種類によっても異なるので一概には言えません。
が、一般的には審査に通る割合は80%くらいと言われています。

ただ、金融会社によっても割合は大きく違っていて、
30%程度の割合で通る場合もあれば、90%以上の割合で通る金融会社もあります。

金融会社によって割合が異なるのは、当然各社毎に事情が異なるためです。

例えば、新規顧客を大量に獲得したい金融会社だと、審査を緩くして通し易くする傾向にあります。

さらに、パートやアルバイトの方を対象にしているローンも審査に通過し易い傾向にあります。

また、時期によっても異なります。
例えば、金融商品を売り出したい場合には、間口を広げるために一時的に審査を通り易くすることもあります。

逆に、新規顧客の獲得に力を入れていない金融会社もあり、
そのような金融会社は審査を厳しくすることで信頼できる顧客のみに融資を行うようにしています。

借り入れの希望額によっても審査に通る大きく変わってきます。
必ずお金を借りたい場合には、少額を希望することも一つの手です。

借り入れの希望額が高額になるほど審査が厳しくなるのはどこの金融会社も同じです。

借り入れの申請を行う前に、シミュレーションツールなどで返済までのビジョンを明確にしておくことも大切です。
確実に返済できるようにしておくことも審査を通るポイントです!